B型肝炎給付金手続きを弁護士に依頼


B型肝炎の給付金請求とは、昭和23年から63年の幼少期の予防接種などにより、B型肝炎ウイルスに感染した人を対象にしている国家賠償請求訴訟のことです。予防接種の注射器の連続使用などによりウイルスが広がり、社会問題ともなりました。現在では、直接B型肝炎ウイルスに感染した人だけでなく、母子感染、父子感染した二次感染者、そしてさらに感染した三次感染者やその遺族なども対象となります。

女性このB型肝炎訴訟をし、給付金請求をするには個人で行うこともできますが、国家賠償請求訴訟となりますので実際に裁判所との書類のやり取りや裁判所での和解をしなければなりません。そのため、こういった問題を取り扱うには、法律だけでなく医療的な知識も必要になります。B型肝炎給付金請求を専門に取り扱っている弁護士事務所であれば、スムーズに対応してくれますしほとんどの人が弁護士を利用します。

弁護士に相談する際には、まず自分が給付金の対象になるかどうかを調査します。そのあと、実際に国家賠償請求訴訟を行うにあたっての書類を集め、そして訴状を書きます。これらの書類を集め終わったら実際に裁判所での和解となります。裁判所から和解の日に出向くように言われますが、こういった手続きについても弁護士が代理で行ってくれるので安心です。弁護士費用の支払についてはさまざまですが、場合によっては給付金からの支払となりますので、費用的な面で不安を感じている人でも問題なく対応してもらうことができます。

⇒弁護士への依頼内容

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.