費用について


どのようなことであっても、弁護士に依頼すると心配になるのが弁護士費用です。一般的な依頼案件の場合、相談料がまずかかりますし、案件に着手するとなると着手金がかかります。それから、成功報酬や訴訟実費もかかります。ですが、B型肝炎の給付金の国家賠償請求訴訟となると、給付金対象者であれば所定の手続きを経ると給付金の支給を得られますので、かかる費用が成功報酬のみという弁護士事務所もあります。

お財布訴訟に関する費用としては、細かく言えば切手代や、また弁護士の出張費用などです。B型肝炎の給付金請求に関しては、給付金額の実質4パーセントから8パーセント程度の金額であることが多く、金額が低めのものでしたら、たいてい10万円程度で済むようです

しかしながら、肝ガンや肝硬変、慢性肝炎などの疾病にかかってしまった場合は、請求額も光学になります。そのため、成功報酬も高いものになります。ですが、給付金をもらうことが出来る場合、それらを超えて弁護士費用が掛かるということはふつうありませんので、まずは費用面も問い合わせてみるとよいでしょう。特に、弁護士事務所ごとによって違いのある弁護士費用の決まり方や料金体系を聞いておくとよいです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.