弁護士への依頼内容


B型肝炎給付金手続きに関して、弁護士に依頼する内容は多岐にわたります。まずは、自分が給付金の対象になっているかを確かめることが先決です。そのためには、医学的な見地からのアプローチが必要になりますので、B型肝炎特別措置法について精通している弁護士を選びます。

病院次に、自分が給付金の対象になるとわかると、訴訟のための書類を用意します。B型肝炎給付金を受けるにあたっては、一次感染者、二次感染者、三次感染者および遺族それぞれに必要な書類が違ってきます。ですので、弁護士の指示の元、かかりつけの医療機関で書類をもらってきてから訴状とともに提出する流れになります。訴状については専門的な見識がいるため弁護士が作ります

そうすると裁判所から和解についての連絡が来ます。実際に裁判所に出向いて行われるのですが、これについても弁護士に相談することで、弁護士が対応します。弁護士に相談するポイントとしては、どのような感染経路でB型肝炎ワクチンに感染したのか、現在の病状はどのようなことなのかを明確にすることです。依頼内容としてはその他の案件と違い、給付金を受け取ることが目的となりますので以来としては極めてシンプルです。

準備はどうするのか

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.