費用について


どのようなことであっても、弁護士に依頼すると心配になるのが弁護士費用です。一般的な依頼案件の場合、相談料がまずかかりますし、案件に着手するとなると着手金がかかります。それから、成功報酬や訴訟実費もかかります。ですが、B型肝炎の給付金の国家賠償請求訴訟となると、給付金対象者であれば所定の手続きを経ると給付金の支給を得られますので、かかる費用が成功報酬のみという弁護士事務所もあります。

お財布訴訟に関する費用としては、細かく言えば切手代や、また弁護士の出張費用などです。B型肝炎の給付金請求に関しては、給付金額の実質4パーセントから8パーセント程度の金額であることが多く、金額が低めのものでしたら、たいてい10万円程度で済むようです

しかしながら、肝ガンや肝硬変、慢性肝炎などの疾病にかかってしまった場合は、請求額も光学になります。そのため、成功報酬も高いものになります。ですが、給付金をもらうことが出来る場合、それらを超えて弁護士費用が掛かるということはふつうありませんので、まずは費用面も問い合わせてみるとよいでしょう。特に、弁護士事務所ごとによって違いのある弁護士費用の決まり方や料金体系を聞いておくとよいです。

Posted in 未分類 | 費用について はコメントを受け付けていません。

準備はどうするのか


B型肝炎の給付金を弁護士に相談するには準備が必要です。まずは、自分が給付金の対象になるかを調査してもらわないといけません。初回の相談は電話やメールで行ったり、対面で行ったりなどいろいろなどともいますが、実際に弁護士事務所に打ち合わせに行くときは医療機関の発行する書類を用意したほうがよいです。

必要な書類は、一次感染者、二次感染者、三次感染者によって違います。まずはB型肝炎ウイルスに持続感染していることを示すHBs抗原陽性、HBV-DNA陽性、HBe抗原陽性を示す検査結果です。持続性を示すためには、6か月以上の期間をあけた2時点における検査結果が必要です。

注射一次感染者であれば、母子手帳や予防接種台帳などで注射器の連続使用に該当する年度かどうか、年齢が該当するかどうかを示す書類、集団予防接種とは異なる感染原因が存在する疑いがないための医療記録などです。同時に、二次感染者や三次感染者にもそれぞれ必要になります。

初回相談で全ての書類が必要というわけではありませんが、これらの書類が早目に揃えられればその分早めに給付を受けられます。B型肝炎の給付金はたいてい1年程度かかりますが、早めに書類を出せればそれだけ早くもらえるようです。

費用について

Posted in 未分類 | 準備はどうするのか はコメントを受け付けていません。

弁護士への依頼内容


B型肝炎給付金手続きに関して、弁護士に依頼する内容は多岐にわたります。まずは、自分が給付金の対象になっているかを確かめることが先決です。そのためには、医学的な見地からのアプローチが必要になりますので、B型肝炎特別措置法について精通している弁護士を選びます。

病院次に、自分が給付金の対象になるとわかると、訴訟のための書類を用意します。B型肝炎給付金を受けるにあたっては、一次感染者、二次感染者、三次感染者および遺族それぞれに必要な書類が違ってきます。ですので、弁護士の指示の元、かかりつけの医療機関で書類をもらってきてから訴状とともに提出する流れになります。訴状については専門的な見識がいるため弁護士が作ります

そうすると裁判所から和解についての連絡が来ます。実際に裁判所に出向いて行われるのですが、これについても弁護士に相談することで、弁護士が対応します。弁護士に相談するポイントとしては、どのような感染経路でB型肝炎ワクチンに感染したのか、現在の病状はどのようなことなのかを明確にすることです。依頼内容としてはその他の案件と違い、給付金を受け取ることが目的となりますので以来としては極めてシンプルです。

準備はどうするのか

Posted in 未分類 | 弁護士への依頼内容 はコメントを受け付けていません。

B型肝炎給付金手続きを弁護士に依頼


B型肝炎の給付金請求とは、昭和23年から63年の幼少期の予防接種などにより、B型肝炎ウイルスに感染した人を対象にしている国家賠償請求訴訟のことです。予防接種の注射器の連続使用などによりウイルスが広がり、社会問題ともなりました。現在では、直接B型肝炎ウイルスに感染した人だけでなく、母子感染、父子感染した二次感染者、そしてさらに感染した三次感染者やその遺族なども対象となります。

女性このB型肝炎訴訟をし、給付金請求をするには個人で行うこともできますが、国家賠償請求訴訟となりますので実際に裁判所との書類のやり取りや裁判所での和解をしなければなりません。そのため、こういった問題を取り扱うには、法律だけでなく医療的な知識も必要になります。B型肝炎給付金請求を専門に取り扱っている弁護士事務所であれば、スムーズに対応してくれますしほとんどの人が弁護士を利用します。

弁護士に相談する際には、まず自分が給付金の対象になるかどうかを調査します。そのあと、実際に国家賠償請求訴訟を行うにあたっての書類を集め、そして訴状を書きます。これらの書類を集め終わったら実際に裁判所での和解となります。裁判所から和解の日に出向くように言われますが、こういった手続きについても弁護士が代理で行ってくれるので安心です。弁護士費用の支払についてはさまざまですが、場合によっては給付金からの支払となりますので、費用的な面で不安を感じている人でも問題なく対応してもらうことができます。

⇒弁護士への依頼内容

Posted in 未分類 | B型肝炎給付金手続きを弁護士に依頼 はコメントを受け付けていません。